サイトへ戻る

CT分析ソフトとサージカルガイドを使用したインプラントオペ ブログ 米国補綴専門医が語る一般歯科医の知らない世界

· インプラント治療

今日は朝からインプラントの治療計画の検討とオペでした。

右下奥歯は歯周病で残念ながら抜歯。治癒を待ってオペになりました。

もちろん、3Dプリンター作製によるサージカルガイドが大活躍。

咬む力が強い場合、今後のリスクファクターになります。さらに骨もかなり硬く、ドリリングを慎重に進めながらの処置となりました。

さて、これから明日のオペに向けて、別のケースの治療計画を新たに検討開始。

今度は左側です。骨幅も下歯槽管までの距離も大丈夫そう。

サージカルガイドを作製するだけでなく、補綴物の最終的な形態や噛み合わせをイメージできるのが、このCT分析ソフトを用いる大きなメリットですね。

 

そしてその場で、3Dプリンターへ送信。3時間で完成、1ヶ月かかっていたこの作業が、2日ほど終わってしまいます。最近の歯科治療に関する機器の進化は素晴らしいものがあります。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。